事務派遣のお仕事について

事務派遣のお仕事

働くという形態が非常に自由になってきている現在、派遣で働く仕事の選び方をする人も多くなってきました。

しかし派遣という形態にはそれぞれ、メリット・デメリットがあります。ここでは、特に事務員に絞って、派遣社員という働き方についてまとめてみました。

一口に事務派遣といっても、内容は非常に多岐にわたります。企業から多く募集がかかるものは次の通りです。

一般事務

こちらが一番人気で一般的な事務派遣です。パソコンのワードエクセルや電話応対など、社会人としての一般的な常識が出来ていればほぼ出来るといっていいでしょう。

内容は資料を見て数字を打ち込むデータ入力や会議などの資料を作る資料作成(この際パワーポイントなどを使いますが、ワードが使えていれば大体できます。)

電話応対、来客応対などがほとんどです。ただし人気職のため、募集をかけると共に応募が殺到し募集終了となるケースが多いです。なお、派遣会社によってはOA事務の名前で呼ばれている場合があります。

営業事務

営業のサポートをする事務で、人に接する事が得意な人に向いています。

ただし、社内機密の文書を扱うこともありファックス一枚送り間違うだけでも大問題になることもあるので慎重にしなければなりません。

また、クライアントとの打ち合わせの時間調整などの仕事もあり担当している営業さんたちのスケジュールを把握しておく必要もあります。あちこちのスケジュールを調整しながら、クライアントさんと電話やメールなどでやり取りします。マルチタスクの人におすすめです。

損保、金融事務

保険会社や銀行など金融機関での事務です。高度な専門知識が必要となり、経験者が優遇されます。ファイナンシャルプランナーなどの資格があると大変有利です。

英文事務

いうまでもなく英語のスキルが必要とされます。少なくともTOEICのスコアで600点は必要でしょう。

内容としては、貿易会社の事務となる貿易事務。本社や支社が海外にあるため、一般事務の能力にプラスして英語の能力が必要とされる英文事務。主にこの二種類に分けられます。

生産管理

製造業などで、クライアントの要望に応じた形で製造が進んでいるかをチェックしてゆくのが主な仕事です。

また、クライアントの求めに応じて製造の指示を出したりもします。製造業でのクライアントさんの納品締め切りはたいへん厳しいものですので、非常に重要なポジションとなります。仕事に緊張感やりがいを求める人には、向いている仕事と言えるでしょう。

経理事務

文字通り、経理を行います。簿記の資格が必要となります。黙々とした作業が向いている人向けです。どの会社でも必ず必要となる人材ですので、資格や経験を持っていると不景気な時でも仕事に困ることは無いでしょう。

事務派遣の勤務する日や時間帯

事務派遣と言っても、入社してしまえば扱いは正社員とほぼ一緒です。入社した会社の勤務カレンダーと同じ日程、時間帯で働きます。また、仕事内容によっては非常にハードな残業を課せられる場合もあります。

ここで気を付けたいのが、長期休暇中は給料が出ない点です。大きな会社ですと、有給消化を推奨するために長期休暇を設け、その間に正社員は有給を使うような仕組みになっていることがあります。

しかし派遣ではカレンダー通りの休みであり、正社員が有給で休んでいても派遣は無休の休みとなってしまいます。そういった大型休暇の翌月は手取りのお給料が大幅に減るという事を忘れないようにしましょう。

また、勤務時間帯にも例外があり一般事務などは週三日勤務などという条件の例もあります。自分のライフスタイルに合わせて選ぶようにしたいものです。

事務派遣の給料

派遣社員はすべて時給制です。ここで問題なのが、同じ仕事をしていても、派遣元によってお給料が違ってしまうという点です。

派遣会社の中間マージンが会社によって違ってしまいます。全国的に有名な大きな派遣会社の方がお給料は良いのが一般的です。

最近は小さな派遣会社が次々と出てきて、福利厚生や人材育成などに全く力を入れていないという例もあります。反面、小さな会社だからこその良さもあり、一概に会社の大きさだけでは決められません。

職種による給与の違い

同じ派遣事務でも、種類によってお給料は違います。(専門性の高い、資格の必要な仕事ほどお給料が良くなります。)

しかし一般事務でも、大きな派遣会社ですと一か月の手取りが平均で20万円ほどになるのが平均です。

ただし、時給の良い所は交通費やボーナスは出ません。時給が良くなくても交通費は出る、ミニボーナスがでるなど小さくとも福利厚生に力を入れているところもあります。

仕事を決める前に何社か登録して説明を聞き、納得できる条件の会社を選ぶことが大切かと思います。

事務派遣として働くメリット、デメリット

事務派遣で働くにあたって、それぞれにメリット、デメリットがあります。事前によく理解しておく必要があります。

◎メリット・・・正社員よりも敷居が低い。手間がかからない。
派遣会社に登録しておけば、複数の履歴書を用意する必要がありません。会社によっては、履歴書用の写真を事務所で撮影してくれるところもあります。

そういう意味では、仕事を探しやすいと言えるでしょう。中途採用では普通は入れないような大きな会社に入れるのも良い点です。また、ボーナスが出なくとも時給が高いという事は魅力と言えるでしょう。

×デメリット・・・一定期間しか働くことが出来ません。
現在の法律では、長く勤められても3年です。また、ほとんどの派遣会社では3か月ごとの契約更新というスタイルをとっています。

ちょっと上司に気に入られなかったというような理由で契約を更新してもらえない例が本当にたくさんある残酷な世界です。

会社の業績が傾いた時に、真っ先に契約を着られるのも派遣事務員という厳しい現実も。

事務派遣がおすすめの方

では、どんな方が派遣事務に向いているのでしょうか。いくつかタイプを見てましょう。

短期間だけ働きたい

前述のとおり、派遣社員というのは安定が望めません。その代わり比較的自由に辞めるという事が出来る利点もあります。

三か月ごとの更新だとすると、自分の方から更新したくないと言ってしまえば辞められるのです。

結婚間近で短期で働きたい人、留学などを控えている人にはお勧めです。しかし、そういった場合も短期で辞める旨を派遣元にも派遣先にも伝えてはいけません。

雇用の安全弁的な派遣事務員です。が、建前は長期で働いてくれる人というものがほとんどです。(中には、三カ月〜半年という期間限定の募集もありますが。)

短期で辞める際には、社風が合わなかったなどの当たり障りのない理由を言いましょう。しかし、会社側の都合で良いように使い捨てられる可能性をいつも抱えているのが派遣事務員です。そこはしたたかになっても問題はないでしょう。

キャリアがある

他の会社で数年働いた経験があり、即戦力として使える人材も派遣事務員としては向いていると言えるでしょう。派遣として雇うという場合、社員教育にかけるコストを削りたいという面もあります。

もちろん、社内システムなどの引継ぎも必要かと思いますが、電話応対や人間関係など、社会人としての基本的な常識が出来ているひとはやはり重宝されます。

結婚につながる出会いが欲しい

これは、結婚相手などに大企業の安定した職業を求める方です。こちらもしたたかかもしれませんが、事務で派遣を雇う会社はほとんどが大企業です。

そういう大きな会社の、設計や研究など男性の多い部署ですと出会いが多いのも事実です。特に理系の会社の場合、大学時代にパートナーを捕まえ損ねた男性社員がその後出会いがなく独身でいる可能性があります。

内心ではパートナーとの出会いを欲しがりながらも、仕事に打ち込んでいる事も多々あります。そういう場合、あらかじめ派遣元に『女性同士の人間関係が苦手なので、男性の多い職場の方が仕事しやすいのですが』と伝えておくと良いでしょう。

女性の中には、男性の中に混じって仕事をするのを嫌がる人も多いので、優先して男性の多い職場を紹介してくれます。

派遣社員が向いていない人

では逆に派遣事務員が向いていない人というのはどういうタイプでしょうか。

×結婚に興味が無く、仕事に安定を求める人
×同じ職場でずっと働きたいと願っている人
×人間関係など、環境の大きな変化が極度のストレスになる人

こういったタイプは、派遣社員には向いていません。上記の通り、会社の都合で使い捨てられるのが派遣事務員。いつ切られても文句は言えない、という覚悟が必要となるのです。

また、転職回数が増えてしまうと、どんどんと条件の悪い職場しか回って来なくなってしまいます。そういう人は、資格を取るなどして正社員を目指すなどするとよいでしょう。

派遣社員がとっておくと良い資格

派遣事務員とはいえ、やはり資格があると大変有利です。まず、何を差し置いてもとっておきたい資格はワード・エクセル。様々な団体が主催していますが、一番信頼を受けているのはMOS検定です。最低でも3級、2級以上あるとやる気を買われて有利です。

その他の資格を自分の適性に合わせた資格を取りましょう。黙々と1人でやる仕事が好きなのでしたら簿記、英語が好きなようでしたらTOEICがおすすめです。また、職安などの職業訓練校でCADを勉強するのも手です。

需要には地域差があるのですが(製造業が盛んな地域ですと、大きな需要があります)、経験者は募集がかかった時に採用率が非常に高くなります。

また、ファイナンシャルプランナーでしたら、主に都市で需要があります。
こういった専門性の高い技術があると募集がかかった時に有利ですし、時間給も良くなります。

もし一生の仕事を見つけたいのでしたら、自分に向いているもので専門性の高い資格を取っておくと何かと有利でしょう。大手の派遣会社では、こういった資格取得のサポートしているところがほとんどです。登録さえしていれば、就業実績がなくともサポートを受けられます。

派遣事務員から正社員を目指す

時折、一定期間を派遣社員として働いて、双方の合意があれば正社員としてと要する・・・という条件の派遣募集も見られます。

一般事務でもありますが、そのほとんどが実は経理。やはり経理というのは抜けられてしまうと、絶対に補てんしなければならない仕事です。

会社側としてもコストのかかる正社員としてでも欲しい人材なのです。正社員を目指したいようでしたら、簿記の資格(出来れば2級あるとよいでしょう)を持っていると大変有利です。

事務の仕事するのに派遣で働くのとパート・アルバイトとどっちがいい?

これは、その人のライフスタイルに左右される問題です。同じ人間関係で、同じ内容の仕事を安定してずっとやっていたいというのでしたら、多少時間給が安くてもパートやアルバイトが良いでしょう。

ただしパートはともかくアルバイトは社会保障が無いので注意を。様々な職種を経験したい、また多少のリスクを負ってでも時間給の良いほうが良いというのでしたら、派遣がお勧めです。

また、パートやアルバイトですとある程度時間の自由がききます。(会社によってはシフト制の場合も)しかし、派遣とはいえ『社員』扱いとなるとそうはいきません。

仕事を決める前に、給与、福利厚生、勤務時間、安定性など様々な角度から検討してください。自分に合った勤務形態を見つける事が何より大切です。

事務派遣におすすめの人材派遣会社ランキング

では、実際にどのような会社に登録すれば仕事を探せるでしょうか?お勧めの派遣会社を紹介いたしましょう。

1位、テンプスタッフ

国内最初の人材派遣会社。女社長の為か、女性のニーズをよく理解しており福利厚生が充実しています。全国にほとんど支社があるのも魅力。また、スタッフ教育も非常に行き届いています。

テンプスタッフ詳しい内容はこちら

2位、リクルートスタッフィング

大変厳しいスキルチェックがあります。福利厚生や資格取得へのサポートが充実しているので安心です。ただ、都市型向きであり地方には支店も仕事も少ないのが難点です。

リクルートスタッフィング詳しい内容はこちら

3位、リクナビ派遣

派遣からアルバイトまで幅広く紹介。全体的に時間給の高い求人を多く取扱っていて、かんたんにネットで求人検索して見られるのが便利です。

リクナビ詳しい内容はこちら

自分にあった良い派遣会社の選び方

最近は派遣会社が増え、支店のない小さなところも多くみられます。時間給もさまざまですので、タウンページなどで調べて登録だけでもしておくと良いでしょう。(派遣会社、人材派遣、職業紹介業などの項目で出てきます。)

小規模会社の長所は、地域密着型なので地元の会社とのつながりが強い点。また、アットホームな雰囲気も魅力です。

ただし、会社によっては社員教育が行き届いていないところも。もっとも、テレビCMなどを流す大きな派遣会社でも社員教育の悪い所もあります。

こういう会社にかかわって、後で泣きを見ないためにも自分で判断できるようになる必要があります。

・他社の悪口をいう(あそこは人間関係が良くない)
・給料の点であいまいにいいことを言う(頑張り次第では昇給もあり得ます)
・すでに他社に内定しているところを引き抜こうとする。
・不安をあおり、希望していない仕事を紹介させようとする(今断ると、もう仕事が無いかもしれないなど)

こういった言動が見られるような人材のある会社とは、どんなに引き止められても決して関わらないようにしたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?一口に派遣事務員と言っても、その内容はさまざま。一番怖いのは、流されるまま目の前の仕事に飛びついてしまい、3年ごとに契約を切られてキャリアが全く積めないという例。

ずるずると横流れの転職を繰り返すだけで年齢を重ねてしまうと、どんどんと選べる仕事の幅が少なくなってしまいます。自分の人生のライフプランをしっかり立てて、自分に合った仕事を選べるように努力してくださいね。